Author Archives: %s

2018年10月13日 鹿児島大学FD・SD合同フォーラム

31 10月 18
ap_kanrisya
No Comments

2018年10月13日に鹿児島大学にて開催されましたFD・SDフォーラムに参加いたしました。

愛媛大学の吉田一恵氏、大阪大学の家島昭彦氏による基調講演は、教職協働について考えさせられる内容でありました。基調講演後のグループディスカッションでは、教員、職員が一緒になったグループ内で、大学における教職協働の課題とその解決方法について話し合いました。どのグループにおいても、多くの課題が挙げられ、その原因は教員と教員の「情報共有不足」や「コミュニケーション不足」であると発表がされていました。まずは、どの人がどんな人でどんなことをしていて何を必要としているのか何をしようとしているのか、本学でも教育改革を進めておりますが、その目的や今後について学内で共有する必要性を改めて考えさせられました。「コミュニケーションをとる」当たり前のことではありますが、コミュニケーションを取りたくなるような仕組みを取り入れながら、教育改革を進めて参ります。

NIFS-AP News Vol.4

31 10月 18
ap_kanrisya
No Comments

NIFS-AP News Vol.4 を発行いたしました。こちらからもご覧いただけます。

 

20181012NIFS-AP-News-vol.4

2018年10月1日 NIFSギャラリーのリノベーション

01 10月 18
ap_kanrisya
No Comments

 

 

 

 

 

 

2018年9月から鹿屋体育大学のNIFSギャラリー(売店隣)に学生が自主的な学びに利用できるよう、机や椅子を一新し、コンセントの配置も行いました。天気の良い日には開聞岳も眺める事ができる開放感のある空間であり、図書館の自習スペースとは雰囲気の違う空間を作る事ができました。学生が気軽に利用でき、学修がしやすいスペースを配置することで、より充実した大学生活を送れることを期待しております。

2018年8月28日 大学教育再生加速プログラムテーマⅤ:中間成果報告会

28 8月 18
ap_kanrisya
No Comments


2018
828日に東京薬科大学様主催のAP中間成果報告会(於:一橋講堂)に参加させていただいた。

テーマは,「学びとキャリアの接続から卒業時の質保証を考える」であった。

東京薬科大学の笹津学長より開会挨拶から始まり,

午前中は,文部科学省高等教育局大学振興課の河本氏より行政の立場から「APの目的,質保証の定義」の再確認について,東京都市大学の皆川副学長より,「AP事業の取り組み報告」,東京外国語大学の布川氏から,「学修成果を社会へ提示する手法の開発と課題」について,薬学部の大野学部長,生命科学部の井上学部長より東京薬科大学の「専門教育における卒業時の質保証の取組」について説明がされた.

午後の部では,「学びとキャリアの接続から卒業時の質保証を考える」というテーマで企画が進められ,東京薬科大学の「卒業生調査の概要」について,リクルートワークス研究所主幹研究員の豊田氏より,「キャンパスライフに埋め込まれた学習〜何が入社後の適応・活躍をもたらすのか?〜」の講演,東京薬科大学特命教授,東京工業大学名誉教授の矢野氏より「大学教育の今と昔の成果を検証するー卒業生調査の意義と活用法」について,大正大学専任講師,東京薬科大学特命准教授の日下田氏より,「卒業生調査に基づく学習成果の可視化の可能性」について説明がされ,最後に,桜美林大学大学院・大学アドミニストレーション研究科教授の山本氏より,「大学教育の役割変容と質保証〜AP事業中間報告を聴いて〜」総括がされた.

いずれも非常に内容の濃い企画であり,参加者も多く,本学の教育改善にも役立つ情報が数多く得られた.特に本学でも実施している「卒業生調査」の意義や活用方法については,学ぶべきものが多くあり,本学でも取り入れることができる内容であった.また,新たにデータを取り,検証もすることだけでなく、これまで取っている既存のデータを活用方法も検討していきたい。

 

2018年8月24日 テーマⅤ APシンポジウム in 日本赤十字九州国際看護大学

24 8月 18
ap_kanrisya
No Comments

2018年8月24日に日本赤十字九州国際看護大学にて開催されたAPシンポジウムに参加いたしました。

基調講演では、九州大学の山田政寛准教授から「ラーニングアナリティクスを基にした学修成果の可視化」について講演がされました。ラーニングアナリティクスとは、情報技術を用いて学生からどのような情報を獲得して、どのように分析。フィードバックをすれば学習・教育が促進されるかを研究する分野と説明がされ、九州大学では、予習・復習と成績の関係や学生の日誌分析、授業のリアルタイム分析など様々なデータから授業と成績、学生の満足度や行動等,多面的に分析を実施されており、非常に進んだ手法を取り入れられていました。

シンポジウムでは、「専門職育成のためのディプロマ・サプリメント-基礎教育と現任教区とのシームレスな接続を目指して-」のテーマで、東海大学短期大学部山本康治教授、福岡歯科大学内田竜司准教授、日本赤十字九州国際看護大学小林教授の3名から事例報告がされた後、ディスカッションが行われました。東海大学短期大学部と日本赤十字九州国際看護大学では、卒業後の就職先からの評価や卒業生へのアンケートから教育の成果や改善点について分析をされており、就職先の企業や、卒業生との繋がりを非常に大切にされていました。東海大学短期大学部では、DPに即した行動目標やコンピテンス・コンピテンシーおよび学士力を紐付けし、数値として到達度を可視化されていました。

九州大学の山田政寛准教授の基調講演では、分析する観点について学ぶべきものが多くあり、授業改善に非常に役立てることができると感じました。またシンポジウムでは、専門職育成大学の卒業生や就職先である企業との繋がりや、到達度の可視化の方法について参考となりました。

今回のシンポジウムを受けてさらに改革に取り組んでまいります。

 

2018年8月24日 大学教育再生加速プログラムテーマⅤ 2018年度第1回地域別研究会

24 8月 18
ap_kanrisya
No Comments


8月24日に日本赤十字九州国際看護大学にて開催されました大学教育再生加速プログラムテーマⅤ 2018年度第1回地域別研究会に参加してまいりました。茨城大学の佐川明美先生による事例報告やディプロマサプリメントについてのグループワークを通して、各大学の取り組み内容や状況を把握することができました。新たに本学でも取り入れることのできそうな事例もいくつかあり、大変有意義な時間となりました。

本学では、卒業生の就職先となっている企業調査はあまり進めることができていなかったため、茨城大学で実施されている卒業後の評価を大学に来られる企業様に直接アンケートを依頼する方法は、大変参考となりました。また、企業調査を進めることで、就職している卒業生とのネットワークも形成できるのではないかと感じました。

グループワークでは、日本赤十字九州国際看護大学にて実施されているクラスを縦割りにする案は非常に参考になりました。日本赤十字九州国際看護大学では、縦の繋がりがなかったことからクラスの縦割りを実施しているとのことでしたが、本学では、縦の繋がりは主に部活動を通して形成されています。クラスを縦割りにすることで新しい縦の繋がりが生まれることで、より多様な考え方に出会えるようになることは、本学でも必要なことかもしれません。

ディプロマサプリメントについては、誰がどのように活用するのか、その活用方法について結論が出ていなかったため、今後の課題といえます。

本学の取り組みについても質問をいただきました。今後も教育改革を進めてまいります。

2018年7月10日 平成30年第1回外部評価委員会

11 7月 18
ap_kanrisya
No Comments

2018年7月10日本学にて平成30年度第1回外部評価委員会を開催いたしました。本会議では、外部評価委員として、鹿屋市役所の内倉康孝様、株式会社東大阪スタジアムの川南匡人様、かのや健康・スポーツクラブの永江恒志様、NPO法人DREAMウェルネスの幸福恵吾様に参加いただきました。本学、教育企画・評価室金高室長からAPに関する取り組みについて説明がされた後、取り組みについて多くの意見をいただきました。また、スポーツの実践的指導力を向上させるスポーツ指導実習の取り組みについても、多面的に意見をいただくことができました。新たな気づきがあり、今後の課題・方向性を決める貴重な会となりました。今後、いただいた意見を真摯に受け止め、改革を推進してまいります。

2018年6月12日 学生による学修成果(GPAおよびPROGテスト)の振り返りの実施結果

12 6月 18
ap_kanrisya
No Comments

2018年4月3日から実施していました、学生による学修成果(GPAおよびPROGテスト)の振り返りについて、実施結果をまとめました。実施から2週間程で約4割の学生が振り返りを記入し、その後担当教員からの促しもあり、最終的に8割以上の学生が振り返りを記入しました。初めての試みではありましたが、多くの学生が振り返りに取り組むことができました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

H29年度 卒業後調査の結果

01 6月 18
ap_kanrisya
No Comments

2017年12月1日〜2018年1月31日にかけて、卒業後3年および10年経過した卒業生(2004年入学:21期生・2011年入学:28期生)に対して、
実施した調査の結果を報告いたします。ご協力いただきました卒業生の皆様、誠にありがとうございました。

調査結果を真摯に受け止め、今後の教育改革・改善へ邁進してまいります。

20180702H29年度卒業生調査結果(HP用)

NIFS-AP News Vol.3

17 5月 18
ap_kanrisya
No Comments

・2018年5月発行 NIFS-AP News Vol.3(こちらからもみれます)

NIFS-APNewsVol.3