カテゴリー: 事業報告

AP事業北九州合同セミナー 参加・講演報告

19 11月 19
ap_kanrisya
No Comments

事業名:AP事業北九州合同セミナー

日時:令和元年11月11日(月)13:30~17:50 (受付13:00〜)

会場:西日本総合展示場新館AIM 3F 311会議室

〒802-0001北九州市小倉北区浅野三丁目8-1 TEL093-541-5931

参加者:21名(12機関)

本学からの参加者:有馬正人 事務局次長、近藤亮介 特任助教

【事業概要】

文部科学省大学教育再生加速プログラム(AP)に採択の九州・山口地区の六大学が合同で標記セミナーを開催した。セミナーでは、過去六年間に渡って各大学が取組んできたアクティブ・ラーニングによる教授法、学修成果の可視化、卒業の質保証などについての講演・質疑応答・グループ討議などが行われた。

【講演概要】

松下 琢氏(崇城大学)は、学生が自立学習できる施設としての英語教育施設(SILC)と自律学修センター(SALC)の取組を紹介され、その各学科への波及効果の検証結果およびFD研修会についても述べられた。木下祥一氏(北九州市立大学)は、学修成果を自己管理するポートフォリオ・システムの概要、地域における実践型教育の学修成果、波及効果の測定等について報告された。林 透氏(山口大学)は、学位プログラム単位の質保証の観点から、カリキュラム・マップによるディプロマ・ポリシー(DP)達成度評価システム(YU CoB CuS)について国際総合科学部の事例を中心に紹介があったほか、学修過程や学修成果の取組の把握や課題について紹介された。保田昌秀氏(宮崎国際大学)は、英語スキルに対するアクティブ・ラーニングの効果を測定した結果を紹介した。後半はアラン・シンプソン氏から学生の自己評価と学生の成績でDPルーブリックを可視化する方法についての説明があった。中村光江氏(日本赤十字九州国際看護大学)からは、看護学にとって重要な“人間力”を含めたDPへのルーブリック評価等による内部質保証についての説明があった。また、卒業生アンケートによる卒業後のフォローアップやアクティブ・ラーニング手法についての学内FD研修会などについて話された。本学(報告者:近藤亮介)からは、DPに関連するスポーツ指導者コンピテンシーを可視化するテスト(Sports Coaching Competency Test:SCCOT)の開発過程とその活用事例についての報告を行い、SCCOTを用いた調査からみえる教育の改善課題等を検討した。

後半のダイアログセッションでは、4~5名のグループに分かれ、講演の振り返りを行い、特に興味を持った内容について講師へ質問を行った。DPに対する教員の認知度およびDPに規定されたコンピテンシーが妥当かどうか。妥当でないとすれば、いつ改正するのが良いかなどが講師への質問があった。

 

<ご質問等の入力フォーム>

鹿屋体育大学“秘密の書”が完成

01 4月 19
ap_kanrisya
No Comments

このたび、鹿屋体育大学 教育企画・評価室では、学生が本学の教育目標やディプロマ・ポリシーを身近に意識するとともに、自身の学びの目的・目標をより明確なものにするために、“学びの極意”に関するパンフレット「鹿屋体育大学での4年間が充実する秘密の書(通称:忍者パンフレット)」を作成しました。

このパンフレットは、「大学教育再生加速プログラム」(AP事業)を推進する教育企画・評価室が、補助事業3年目の成果物の一つとして発刊しました。前・特任研究員の濱中良さん(現・米子工業高等専門学校・助教)が中心となって作成しました。

鹿屋体育大学のディプロマ・ポリシーやカリキュラムポリシー、さらに学びの内容をキャラクター化した登場人物(かのや仙人と勘八くん等)が、学生にわかりやすく解説しています。コンパクトにまとめられており、本学の学生の学びを充実させる要点が掲載されています。本パンフレットは、鹿屋体育大学における教育の質保証の〝秘策″となることが期待されています。

「秘密の書」は、新学期のガイダンス・オリエンテーションにおいて全学生に配布されました。これまでにない斬新なパンフレットに、学生や教職員からは好評価の声が聞こえています。

こちらからもご覧いただけます。

 

忍者パンフレット(前半)
忍者パンフレット(後半)

平成30年度 第2回外部評価委員会

15 3月 19
ap_kanrisya
No Comments

2019年3月5日、本学と東京サテライトキャンパスをテレビ会議システムで結び、平成30年度 第2回外部評価委員会を開催いたしました。

今回の会議では、AP全体としての取組とスポーツ指導実習における外部評価をしていただくため、APの外部評価委員である日本体育協会スポーツ指導者育成部育成課 渡辺 丞様、日本スポーツ振興センタースポーツ開発事業推進部 久保田 潤様、筑波大学 會田 宏教授、大阪体育大学 土屋 裕睦教授、また、学生のスポーツ指導実習における外部評価委員の鹿屋市役所 内倉 康孝様、株式会社東大阪スタジアム 川南 匡人様、かのや健康・スポーツクラブ 永江 恒志様、NPO法人DREAMウェルネス 幸福 恵吾様の計8名の方々にご参加いただきました。

本学、教育企画・評価室金高室長からAPに関する取り組みについて説明がされ、なかでもAP始まって以来開発をすすめてきたスポーツ指導コンピテンシーを可視化する客観的評価テスト(*注1)(SCCOT:スコット) や今年度完成した新入生パンフレット(通称:忍者パンフレット)についてのご意見をいただきました。また、スポーツ指導実習においても本学の学生にとって必要なリーダーシップや実技力に関することなど教育の質保証の充実を図る本学の取組を多面的に評価していただき、貴重なご意見をいただくことができました。

今後いただいた意見を真摯に受け止め、さらなる改善を行なってまいります。

*注1)スポーツ指導者が多様で複雑なコーチング活動の中で、状況に対応しながら適切な行動判断を行う資質・能力を「どの程度身につけているか」を把握するための客観的評価テスト(SCCOT:Sports Coaching Competency Test)を開発しました。

 

2018年10月1日 NIFSギャラリーのリノベーション

01 10月 18
ap_kanrisya
No Comments

 

 

 

 

 

 

2018年9月から鹿屋体育大学のNIFSギャラリー(売店隣)に学生が自主的な学びに利用できるよう、机や椅子を一新し、コンセントの配置も行いました。天気の良い日には開聞岳も眺める事ができる開放感のある空間であり、図書館の自習スペースとは雰囲気の違う空間を作る事ができました。学生が気軽に利用でき、学修がしやすいスペースを配置することで、より充実した大学生活を送れることを期待しております。

2018年6月12日 学生による学修成果(GPAおよびPROGテスト)の振り返りの実施結果

12 6月 18
ap_kanrisya
No Comments

2018年4月3日から実施していました、学生による学修成果(GPAおよびPROGテスト)の振り返りについて、実施結果をまとめました。実施から2週間程で約4割の学生が振り返りを記入し、その後担当教員からの促しもあり、最終的に8割以上の学生が振り返りを記入しました。初めての試みではありましたが、多くの学生が振り返りに取り組むことができました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

H29年度 卒業後調査の結果

01 6月 18
ap_kanrisya
No Comments

2017年12月1日〜2018年1月31日にかけて、卒業後3年および10年経過した卒業生(2004年入学:21期生・2011年入学:28期生)に対して、
実施した調査の結果を報告いたします。ご協力いただきました卒業生の皆様、誠にありがとうございました。

調査結果を真摯に受け止め、今後の教育改革・改善へ邁進してまいります。

20180702H29年度卒業生調査結果(HP用)

1年次から4年次にかけての汎用的能力の変化

01 5月 18
ap_kanrisya
No Comments

前回の1年次から3年次にかけてのPROGテスト結果の変化に加えて、その後、4年次にどのような変化を示すのかを分析いたしました。
結果は、3年次から4年次かけて伸びている項目、あまり変化のない項目があり、1年次から3年次の変化に比べると小さな変化となっています。
どのような学修を通して汎用的な能力を身につけているのか、今後さらに調査・分析を進めていきます。

20180510NIFS-APNewsVol.3

2018年4月3日〜 学生による学修成果(GPAおよびPROGテスト)の振り返り 

03 4月 18
ap_kanrisya
No Comments

今年度から、学生が自身の前年度の学修成果(GPAおよびPROGテストの結果)を分析し、反省および今後の課題や解決方法について、振り返りができるようにいたしました。現在は、アンケートシステムを使用しておりますが、後期からは、新しいポートフォリオシステムを使用して、同様の振り返りができるように準備を進めております。

本学での、学生による学修成果の分析および振り返りは初めての試みでありますが、学生が自身でPDCAサイクルを回し、大学での学修が深まる仕組みを整えていきます。

 

NIFS-APNewsVol.3HP用

2018年3月13日 平成29年度 第1回外部評価委員会

15 3月 18
ap_kanrisya
No Comments


 2018年3月13日に本学と東京サテライトキャンパスにて第1回外部評価委員会が開催されました。前回と同様にテレビ会議システムにて、鹿屋と東京を繋ぎ開催いたしました。

外部評価委員会には、外部評価委員を担当いただいている日本体育協会スポーツ指導者育成部育成課の渡辺 丞様、日本スポーツ振興センタースポーツ開発事業推進部の久保田 潤様、筑波大学の會田 宏教授に参加いただきました。また、スポーツ指導者評価テスト(仮称)の開発に協力いただいている株式会社リアセック代表取締役 松村直樹様、主任研究員 石川純一様にも参加いただきました。

本学、教育企画・評価室金高室長からAPに関する取り組みの報告がされた後、参加いただいた先生方から多くの意見を賜り、来年度に向けた取り組みの方向性が明確になりました。外部からの評価をいただくことで、学内だけの評価とは違った視点からご意見をいただけたことは大変参考になりました。来年度に向けてさらなる改革を進めてまいります。

学修スペースに関するアンケートの実施

03 12月 17
ap_kanrisya
No Comments

学生がより学修しやすい環境を整えるために、学修スペースに関するアンケートを実施いたしました。これまで本学では、学生が自主学修できるスペースとして、図書館と情報センターを提供していました。アンケート結果を踏まえて、ラーニングコモンズとしての機能を持つ環境を整備する予定にしています。