Blog Detail

2018年8月24日 大学教育再生加速プログラムテーマⅤ 2018年度第1回地域別研究会

24 8月 18
ap_kanrisya
No Comments


8月24日に日本赤十字九州国際看護大学にて開催されました大学教育再生加速プログラムテーマⅤ 2018年度第1回地域別研究会に参加してまいりました。茨城大学の佐川明美先生による事例報告やディプロマサプリメントについてのグループワークを通して、各大学の取り組み内容や状況を把握することができました。新たに本学でも取り入れることのできそうな事例もいくつかあり、大変有意義な時間となりました。

本学では、卒業生の就職先となっている企業調査はあまり進めることができていなかったため、茨城大学で実施されている卒業後の評価を大学に来られる企業様に直接アンケートを依頼する方法は、大変参考となりました。また、企業調査を進めることで、就職している卒業生とのネットワークも形成できるのではないかと感じました。

グループワークでは、日本赤十字九州国際看護大学にて実施されているクラスを縦割りにする案は非常に参考になりました。日本赤十字九州国際看護大学では、縦の繋がりがなかったことからクラスの縦割りを実施しているとのことでしたが、本学では、縦の繋がりは主に部活動を通して形成されています。クラスを縦割りにすることで新しい縦の繋がりが生まれることで、より多様な考え方に出会えるようになることは、本学でも必要なことかもしれません。

ディプロマサプリメントについては、誰がどのように活用するのか、その活用方法について結論が出ていなかったため、今後の課題といえます。

本学の取り組みについても質問をいただきました。今後も教育改革を進めてまいります。