本学の取り組み

2017年2月27日 鹿屋体育大学 大学教育再生加速プログラム(AP)

 平成28年度 第1回外部評価委員会 開催


2月27日(月)、鹿屋体育大学:大学教育再生加速プログラム(AP)に係る平成28年度第1回外部評価委員会が開催しました。第1回となる今回は、本学と東京サテライトキャンパスをテレビ会議システムで繋いでの開催となりました。外部評価委員に、岡達生様(日本体育協会スポーツ:指導者育成部部長)、久保田潤様(日本スポーツ振興センター:スポーツ開発事業推進部研究員)、伊藤雅充様(日本体育大学:児童スポーツ教育学部准教授)をお迎えして、本学、大学教育再生加速プログラム(AP)の一つの柱でもある「スポーツ指導力テスト」の開発について活発な議論が行われました。初めての外部評価委員会となりましたが、本学のAPの取り組みについても積極的に意見交換され、非常に有意義な会となりました。今回の外部評価委員会にて明らかになった課題や改善点について再考・検討し、改革に取り組んでいきます。


2017年3月22日 FD研修会開催



FD研修会を3月22日(水)に実施しました。今回のFD研修会では「アクティブラーニング」「ICT」「GPA(成績評価)」の3つのテーマでワークショップを行いました。ワークショップでは、参加された先生方に各テーマに関する疑問や課題、問題点を付箋にできるだけ多く書き出していただき、その後、グループに別れて出てきた問題等についてディスカッションを行い、最後にグループ内で出た意見や感想をプレゼン(共有)してもらうという流れで実施しました。3つのテーマはいずれも本学で改善途中の課題であり、今回のワークショップにて3つのテーマにおける問題点等の共有が行え、解決策についても意見交換することができました。今回は明確な解決策を出すには至りませんでしたが、多くの先生方に参加していただき、非常に活発な意見交換が行われ、有意義な研修会でありました。今後もさらに質の高い授業へと改善できるような取り組みを実施していきます。


2017年7月3日 スポーツ指導者基礎力テスト開発のためのインタビュー


7月3日に本学の卒業生でもある奈良県鴻池スポーツクラブ(SC)の代表兼コーチをされている秋田真介氏をお招きして、現役の指導者の立場から、現在開発中のスポーツ指導者基礎力テストについての意見をいただき、コーチとしての考え方等についてインタビューを行いました。作成中のテストについて率直な意見をいただき、今後のテスト開発に非常に役立つ非常に充実した時間となりました。今後、スポーツや武道の指導者としての現在の力や資質を可視化し、指導者養成のための一つの指標として活用できるように、テスト開発を進めていきます。

(写真は後日掲載予定です)