教員から体育大生へのメッセージ① APとは…「確かな人材養成ができる鹿屋体育大」への教育改革

現在、社会において求められる人材は高度化・多様化しております。大学は待ったなしで改革に取り組み、学生の能力を最大限に伸ばし、社会の期待に応えるため、これまで以上に教育内容を充実させ、学生が徹底して学ぶことのできる環境を整備する必要があります。鹿屋体育大学は平成28年度、文部科学省が公募した大学教育再生加速プログラム(AP)「高大接続改革推進事業―『テーマⅤ 卒業時における質保証の取り組みの強化』に応募し、採択(応募116件、採用19件、平成28年11月7日交付決定されました。平成31年度までの取組期間で、本学の教育目標を踏まえて「確かな人材養成ができる」ように真摯に考え迅速に取り組んでいきます。学生諸君においても、大学での学修及び課外活動等を充実させ、社会へと旅立てるように本事業への積極的かつ真摯な取組を期待します。

[鹿屋体育大学 学長 松下雅雄 ]